事業場、工場、事務所などから発生する産業廃棄物を処分する場合には、有害性を判定するための分析を行う必要があります。廃棄物には、「汚泥、燃え殻、ばいじん、鉱さい、廃油、廃酸・廃アルカリなど」がありますが、これらの様々な廃棄物の分析を行っています。物質中、環境中の微量成分や不純物などを高感度で分析し、精度の高い分析データを提供します。





●産業廃棄物の有害性の判定に関する調査・分析 : 廃棄物の含有量試験及び溶出試験など

●建設残土のリサイクルに伴う有害性のための調査・分析 : 環境基準適合性のための溶出試験など

●セメント及びセメント系固化材の六価クロム溶出試験など





●産業廃棄物………(1)事業活動に伴う20種類の廃棄物で、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙屑、木屑、繊維屑、ゴム屑、金属屑など  (2)国外で発生し輸入された廃棄物
●特別管理産業廃棄物………産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性など、人の健康又は生活環境に係る被害を生ずる恐れがある性状を有する物で政令で定める物
●一般廃棄物………上記産業廃棄物以外のもの
●特別管理一般廃棄物………一般廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性など、人の健康又は生活環境に係る被害を生ずる恐れがある性状を有する物で政令で定める物




産業廃棄物を処分後、埋立などの処理を行いますが、その為の判定基準は、金属などを含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令(昭和48年)やダイオキシン類対策特別措置法(平成11年)などに基づき定められており、産業廃棄物の種類や処分方法で判定基準が異なります。

処分方法
埋立処分
海洋投入処分
集中型排出
拡散型排出
産業廃棄物の種類
1.燃え殻 2.汚泥
3.鉱さい 4.ばいじん
5.これらを処分する為に処理したもの 1)
無機性汚泥
有機性汚泥

廃酸

廃アルカリ
規制項目と規制値
溶出試験
(mg/l)
溶出試験
(mg/l)

含有量試験
(mg/kg)

含有量試験
(mg/l)

1
アルキル水銀化合物
不検出 不検出 不検出 不検出
2
水銀又はその化合物
0.005 0.0005 0.025 0.025
3
カドミウム又はその化合物
0.3 0.01 0.1 0.1
4
鉛又はその化合物
0.3 0.01 1 1
5
有機燐化合物 2)
1 不検出 1 1
6
六価クロム化合物
1.5 0.05 0.5 0.5
7
砒素又はその化合物
0.3 0.01 0.15 0.15
8
シアン化合物
1 不検出 1 1
9
PCB
0.003 不検出 0.003 0.003
10
トリクロロエチレン
0.3 0.03 0.3 0.3
11
テトラクロロエチレン
0.1 0.01 0.1 0.1
12
ジクロロメタン
0.2 0.02 0.2 0.2
13
四塩化炭素
0.02 0.002 0.02 0.02
14
1,2-ジクロロエタン
0.04 0.004 0.04 0.04
15
1,1-ジクロロエチレン
0.2 0.02 0.02 0.02
16
シス-1,2-ジクロロエチレン
0.4 0.04 0.4 0.4
17
1,1,1-トリクロロエタン
3 1 3 3
18
1,1,2-トリクロロエタン
0.06 0.006 0.06 0.06
19
1,3-ジクロロプロペン
0.02 0.002 0.02 0.02
20
チウラム
0.06 0.006 0.06 0.06
21
シマジン
0.03 0.003 0.03 0.03
22
チオベンカルブ
0.2 0.02 0.2 0.2
23
ベンゼン
0.1 0.01 0.1 0.1
24
セレン又はその化合物
0.3 0.01 0.1 0.1
25
有機塩素化合物 3)
- 1 4 4
26
銅又はその化合物
- 0.14 10 10
27
亜鉛又はその化合物
- 0.8 20 20
28
弗化物
- 3 15 15
29
ベリリウム又はその化合物
- 0.25 2.5 2.5
30
クロム又はその化合物
- 0.2 2 2
31
ニッケル又はその化合物
- 0.12 1.2 1.2
32
バナジウム又はその化合物
- 0.15 1.5 1.5
33
フェノール類
- 0.2 20 20
34
ダイオキシン類
3
(ng-TEQ/g)
3
(ng-TEQ/g)
3
(ng-TEQ/g)
100
(pg-TEQ/l)

1)
1.燃え殻 3.鉱さい 4.ばいじん、これらを処分する為に処理したものについては、その種類により規制される項目が異なります。
2)
パラチオン・メチルパラチオン・メチルジメトン及びEPN。
3)
PCB・ポリ塩化ビニル(共重合物を含む)・ポリ塩化ビニリデン(共重合物を含む)・ポリクロロブタジエン・ポリエチレン・塩素化合物・ポリジクロロブタジエン・ポリプロピレン塩素化合物・ポリブタジエン塩素化合物を除く。

このページのTOPヘ