「悪臭」とは、人が感じる「いやなにおい」、「不快なにおい」の総称をいい、騒音や振動とともに感覚公害と呼ばれる公害の一種です。悪臭防止法は、事業活動に伴って悪臭を発生している工場や事業場に対して必要な規制を行うとともに悪臭防止対策を推進させることにより、生活環境を保全し、国民の健康の保護に資することを目的としています。 当社では、悪臭防止法で排出規制の対象とされている
(1)特定悪臭物質(22物質)の濃度、
(2)臭気指数(嗅覚を用いた測定法《官能試験》による基準)の測定を行っております。

悪臭防止法は、昭和46年に工場や事業場から発生する悪臭から住民の生活環境を保全するために制定されました。現在、悪臭防止法において規制されている項目は、特定悪臭物質22項目もしくは、臭気指数、臭気濃度による規制となっており、各地方公共団体によってどちらによる規制を行うかは委任されています。悪臭防止法による規制は、製造工場、下水処理場、ホテル、病院、飲食店などといった全ての事業所が対象となります。その事業所の敷地境界線、排出口、排出水の3か所が規制対象となります。
<特定悪臭物質規制>
悪臭の原因となる成分の特定・定量ができ、効果的な対策を行いやすい。

<臭気指数規制>
人の嗅覚で測定する為、悪臭に対して人が感じる不快感と一致しやすい。ただし、悪臭の原因物質の特定を行うことが困難です。
現在、規制されている22項目は、畜産農業、飼料・肥料製造業、食品製造業、化学工場などから発生する悪臭物質の中で、代表的なものを選択し特定悪臭物質として規制されました。現在は、多くの事業形態があり、特定悪臭物質として規制されている項目以外の成分が臭気の原因となっている場合が多々あります。また、多種類の成分が混ざりあった結果、悪臭と感じるケースも多いため、特定悪臭物質規制だけでは対応が難しい状況となってきました。そこで、臭気指数による規制が採用され、においを総合的に判断する規制が設けられました。規制の種類は、各地域によって異なります。
臭気を測定する方法として、人間の嗅覚を用いてにおいを総体として測定する臭気指数(3点比較式臭袋法、3点比較式フラスコ法)と機器で測定する方法(特定悪臭物質22物質)があります。悪臭防止法では、工場その他の事業場における事業活動によって生じる悪臭について必要な規制を行っており、各地方公共団体に臭気指数による規制、もしくは、特定悪臭物質22物質による規制のどちらにするか委任しています。
臭気指数とは、試料空気を人が臭気を感じなくなるまで希釈した時の倍率(臭気濃度)を求め、その常用対数に10を乗したものです。

臭気指数=10×Log(臭気濃度)

この方法は、においを人の嗅覚で測定する為、悪臭に対して人が感じる不快感と一致しやすい長所があります。
人の嗅覚は、一定の濃度以下では臭いを感知しない(臭気強度0)、臭いを知覚する(臭気強度1。閾値、あるいは検知閾値と呼ばれる。パネルメンバーの50%が臭いを知覚するレベル。)、何の臭いかがわかる(臭気強度2。認知閾値とも呼ばれる。)、容易に感ずる(臭気強度3)、強く感じる(臭気強度4)、非常に強く感じる(臭気強度5)、という6段階に嗅ぎ分けることができるとされており、これを「6段階臭気強度表示法」と呼んでいます。
臭いに対する感覚強度は、聴覚などの他の感覚と同様に、刺激の強さの対数に比例するとするWeber-Fechnerの法則に従うことが知られていますが、悪臭の原因となる物質の濃度とこの臭気強度との関係について調香師による判定結果が得られており、それによるとほぼ同法則に従う関係が得られています。
悪臭防止法による特定悪臭物質の規制については、臭気強度2.5、同3.5に相当する特定悪臭物質の濃度または臭気指数をもとに、都道府県知事が規制基準として定めることのできる範囲を定めています。この「臭気強度」の他に、代表的な臭い・悪臭の評価方法としては『臭気濃度』、『快不快度』があります。

当社では、臭気指数の測定及び特定悪臭物質のどちらの測定も承っております。においのトラブルでお悩みの場合、お気軽にご相談ください。

臭気指数には第1号規制基準から3号規制基準まであり、内容は以下のとおりです。

(1)第1号規制基準・・・敷地境界の規制基準
第2号規制基準と第3号規制基準の基礎となる基準です。第1号規制基準は敷地境界線の基準であり、臭気指数が10〜21の範囲で定められています。

(2)第2号規制基準・・・気体排出口の規制基準
気体排出口から拡散した臭気の地表上での最大着地濃度が第1号規制基準を超過しないように定められます。

●気体排出口の高さが15m以上の場合
 指標:臭気排出強度
 大気拡散式:建物の影響による拡散場の乱れを考慮した大気拡散式。建物条件や、排出ガスの流量をあてはめて気体排出口からの臭気排出量を求めます。

●気体排出口の高さが15m未満の場合
 指標:臭気指数
 大気拡散式:流量などを測定しない方法。

●建物の高さが低い場合は、流量を測定しない簡易な方法で臭気指数の測定のみで規制を行います。

(3)第3号規制基準・・・排出水の規制基準
第1号規制基準を基礎として、排出水について定められます。排出水から拡散した臭気の地上1.5mの高さでの最大濃度が事業場での敷地境界の規制基準を超過しないように定められます。


このページのTOPヘ